10月の目標!Gyrokinesis®

皆さんこんにちは🐳💕
谷町ビューティーパーク
スタジオe-りぼん(えりぼん)🎀
Gyrokinesis®担当の白井 真優です。

 

やっと季節が落ち着いてきたような、まだまだ、台風がきたり、お昼間は暑かったりと、なかなか秋ではありますが、落ち着かない季節ですね。

 

しかし、もう10月!!!

秋、本番です!

秋は乾燥する季節で、寒くなってくる季節で風邪も流行してきているようです。

 

そんな時は、季節のものを食べましょう!🌰🌰🌰🌾🍁🍂

東洋医学で身土不二という言葉があるように、その土地でできるその時期のものを食べるのはとても自然の中の人間としてあっていることなのです!!

例えば、秋に実る、サツマイモや、里芋などの根菜は、秋で冷えてくる身体を暖めますし、いちじくや、柿などの秋のフルーツは渇きを潤してくれるのです。そして、梨には夏の疲れをながしてくれるそうな、秋のフルーツは食べすぎると冷えるので、ほどほどにですが、季節のものを食べることは人間にとって大切なことなんですよ。

 

そして、適度な運動も、美容と健康のためにはかかしません!💃✨🚶‍♂️🏃‍♀️👍

秋は過ごしやすい季節なので、いろいろと運動しやすい時期ですし、いろいろじっくり味わえる季節です。

ジャイロキネシス®のクラスも季節によって、皆様の健康状態によって変更していきます。

今月は「クオリティよく動きます!」というのも、

ジャイロキネシスはボデイコンディショニングの一部に入れられますが、私はダンス、いや、芸術の一部なのだと思っています。

※もちろんコンディショニングでもあります!

身体だけ磨くのではなく、動くときしっかり美しく、気持ちよく動いていきます!

「ただ動く!!」  ではなく「自分の身体、心に合わせて動いていくのです」

私はジャイロキネシスを通じて、皆様に自分のその日の気持ちや、その日の身体の状況を感じてもらい、なりたい自分に近づけるよう、身体を気持ちよく動かして、気持ちと、身体を整えていただきたいのです!

秋こそ気温も落ち着き、気持ちい季節だからこそ、じっくり自分と向き合ってほしいのです。

 

e-りぼんのジャイロキネシスクラスでは少人数でおこなっており、皆様のその日の状態に合わせて、クラスを進めていきます!

秋こそ、ぜひ自分をみつめなおしませんか?😊

 

e-りぼん🎀のジャイロキネシスのクラスでは

少人数重視で、みんなについていかなきゃという無理もなく、皆様のペースで気持ちよく動いていけるように、クラスを作っていきます。

そして、なによりもアットホーム🏠✨!

エネルギーをシェアする場所であるので、みんながまずは暖かい気持ちのなか動いていけるように、クラスの初めにはちょっとしたリラクゼーションエクササイズを行い、少し気持ちを落ち着けてからみんなで動き出します。

 

そして、講師の私は、ただ動きを教えるだけでなく、時に皆様の体をサポートしたり、時には私自身一緒に動きながら、動くことの喜び、自分の感情を動きに出していく気持ちよさを伝えていけるようクラスを進めています。(私自身動くことが気持ちよく、いつもイメージの中で踊っているので、、(笑))

 

なので、自分の身体とそして心と一緒に向き合ってみませんか。👩👧💗

ジャイロキネシスはどのようなものかといいますと💃❤

椅子に座って体の、股関節や脊髄を鍛えるようなエクササイズを行い、身体を支えるインなマッスルに働きかけていったり、時には床で、ヨガの踊っているようなバージョンである、動きを行ったり、時には音楽で踊ってみたい^^など様々なアプローチ方法で皆様に体を動かしてもらいます。

 

白井 真優 ジャイロキネシスのクラス

毎週火曜 20:10から21:10の夜クラス!🌉🌠

夜クラスはリラックスです!!

毎週土曜 10:30から11:30の午前クラス!☼😊

朝クラスは目覚めるように、いい週末をおくれるよう、心と身体を目覚めさせます!

白井 真優が楽しく、丁寧に!をモットーに和気あいあいと教えております。

 

gyrokinesis®白井真優

ぜひ、一度Gyrokinesis®も体験してみてください。

 

 

モダンダンスって何ですか?(9月21日開催スペシャルWS)

皆さんこんにちは🐳💕
谷町ビューティーパーク
スタジオe-りぼん(えりぼん)🎀
普段はGyrokinesis®を担当しております白井 真優です。

 

9月21日に、白井 真優によって行われますモダンダンスワークショップに向けて、この度、特別ブログ企画として、モダンダンスとはなんぞやについて、紹介しています。

 

私はアメリカでモダンダンスを勉強していましたので、アメリカでのモダンダンスについてご説明させていただきます。

 

アメリカでは、大体3つのモダンダンスのパイオニア達がいるといわれており、一人が、モダンの母といわれるMartha Graham(マーサグラハム)Jose Limon(ホセ リモン)、そしてLester Horton(レスターホートン)この3人が代表的です。年代が一人ひとりの開拓者によって違うのですが大体、戦時中から戦後あたり、1980年代にかけての時代を言うということにしておきましょう。(定義は様々)

 

今回は、その3人のなかでも「ホセリモンテクニックとはなんぞや?について簡単ではありますが、ご紹介いたします。

写真(ホセ)

ホセ リモンテクニックとはなにか?をダンサーの友達に話すと

 

リリース(エネルギーや、力を抜く)テクニックのことだね!!」

とか

ふわふわしてる踊りだよね」

とか

優しい感じ」

 

とかいろいろ聞きますが

リモンテクニックを力を抜く、ゆるゆるしたものだと勘違いされがちなのですが、実際はそうではないのです。

 

なんというか、あまりしっかり言葉では表せないのですが、

テクニック(動きの技術としては)

Fall and Recovery (落ちて、また跳ね上がる)」

その意味は、自然の力である、重力や、落ちたものが跳ねる力、遠心力などを使い、身体に優しく、自然に沿って動いているテクニックということに間違いはないのですが、

 

モダンダンスのホセ リモンとは

 

ほんとはすごく、力強く、感情を込めたダンスなのです。

参考動画です。

こちらの動画の方は、私の先生でホセ リモンテクニックを一緒に作り出した一人でもあります。

 

演劇的でもあり、すごく動きに意味があり、見ているほうが、そのダンサーが動く、一つ一つのしなりや、はじける肉体にうっとりしてしまいます。息遣いや、身体が呼吸するように表現する様はなんともいえないホセリモン独自のスタイルなのだと実感します。

私もNYでホセ リモンダンスカンパニーのショーを2015年みて、大いに感動したのを今でも覚えています。

 

アメリカの大学のダンスの学部ではホセ リモンテクニックは大体必修のダンス科目に大体なっています。なので、それほど現代のダンサーにとって大切なテクニックなのです。それはヨーロッパでもそうですので、ホセリモンは世界のダンサー必須のテクニックといってもいいでしょう

 

私自身もNYに行って学んで、見て、体感して初めて、その深さを実感することができました。なんというか、力強く、自分を表現していくような、すごく自分と向き合うこともできます。

 

今回のe-りぼん 10月21日のスペシャルWSでは、

落ちて、跳ねる」そして、そこに自分の気持ちを入れていくということだけでも皆様に実感していただけたらと思います。

〇日時 10月21日 お昼の12時~13時30分まで

〇お値段 4,000円

 

 

ぜひ、普段はダンサーの方、ダンス初心者様、これからダンスを始めたい方、いつもはヨガ、ピラティス、ジャイロをとっている方でも、ぜひ身体を表現するということで自分を磨いてみませんか?

きっと新たな、魅力を発見するチャンスです!!

 

身体にも優しいので、激しい動きが苦手な方にもおすすめ。

コンディショニングが好きな方もぜひ!

 

皆様ぜひ、ご参加くださいませ。予約はe-スタジオまで!